映画「ホビット」スランドゥイルとレゴラスは親子だけど俳優の年齢はオーランド・ブルームのほうが年上!

映画「ホビット」でレゴラス演じるオーランド・ブルームの生年月日は、1977年1月13日。

対してレゴラスの父親であるスランドゥイル演じるリー・ペイスの生年月日は、1979年3月25日。

劇中ではレゴラスはスランドゥイルの息子ですが、実際の俳優の年齢はレゴラスのほうがお父さんより年上なんですよね。

というか、オーランド・ブルームの年齢にいまさらながら驚きます笑

「ホビット」を視聴する方法はこちらの記事で紹介!

【無料動画で視聴できる?】映画「ホビット」おすすめ視聴方法を教えます

二人の年齢差についてスランドゥイル役リー・ペイスは

画像:Amazon

僕の方が2歳年下だけど親子に見える。

違和感はない。

とくにおかしいとは感じなかったそうです。

リー・ペイスは貫禄がありすぎますね。

まさに闇の森の王、スランドゥイルそのものの風格です。

二人の年齢差についてレゴラス役オーランド・ブルームは

画像:Amazon

エルフは年を取らないからね

リー・ペイスは体が大きくて恐怖を感じた・・・なんてね

撮影現場でオーランド・ブルームはリー・ペイスを「お父さん」と呼び、リー・ペイスはオーランド・ブルームを「息子」と呼び合っている場面がありました。

ちなみに、オーランド・ブルームがリー・ペイスをデカいと感じたのは当然なんですよ。

リー・ペイス、身長は196cmもあるそうです。

オーランド・ブルームも180cmあるため長身ではあります。

二人の対格差を見れば、なんとなく親子感が出ているように思いますね。

「ホビット」を視聴する方法はこちらの記事で紹介!

【無料動画で視聴できる?】映画「ホビット」おすすめ視聴方法を教えます