映画「レ・ミゼラブル」泣ける名シーンランキング!悲しい切ない場面には何度も心打たれます

映画「レ・ミゼラブル」は泣けるシーンが多いです。

ただただ悲しくて泣ける場面もあれば、信念をつらぬき必死に戦った結果死に感動したという意味で泣けるシーンまで。

ここでは、映画「レ・ミゼラブル」で必ず泣く、涙なしでは見られないシーンを3位から紹介していきます。

無料お試し登録はこちら

>>Amazonプライムビデオで今すぐ「レ・ミゼラブル」を見る

30日間の無料お試しあり!期間内に解約すれば料金はかかりません。

映画「レ・ミゼラブル」泣ける名シーンランキング

映画「レ・ミゼラブル」の泣ける名シーンを3位から紹介していきます。

第3位:レッド 民衆の血

アンジョルラスが銃に撃ち抜かれ死亡するシーンです。

アンジョルラスのすごいと思うところは、祖国のため、自由のために革命を起こすことこそを人生としていること。

その気持ちには一切の迷いがなくて。

この革命で命を落とすかもしれないことはわかっていたはずですが、それでもそれが明日につながると信じて恐れないのです。

最期を悟ったアンジョルラスの顔には、私には希望しか見えませんでした。

祖国に栄光あれとでも言うような姿で散りゆき、その場面は涙なしでは見られません。

実際にパリで起きた六月暴動では、アンジョルラスのような信念を持つ若者がどれだけいたのかな、どんな思いで戦いに臨んだのだろうか。

そう思うと目頭が熱くなってきます。

第2位:夢やぶれて

ここは胸を打たれる、感動的だ、とかいうのではなくただただ悲しいシーン

本当に悲しくて泣けるところです。

工場を追い払われ、髪に歯、体、もう自分の身を削らないといけないところまできたファンテーヌ。

それも、病気の娘コゼットのため・・・。

希望も夢も何もない。

そんなときに歌った「夢やぶれて」。

アン・ハサウェイのリアルすぎる迫真の演技もあってめちゃくちゃ泣けます。

昔は愛する人が隣にいたのに、その人は去ってしまった。

甘い夢も、今や愚かな夢。

どん底すぎてとても悲しいです。

第1位:ジャン・ヴァルジャンの死〜民衆の歌

ジャン・ヴァルジャンの死から、ラスト散っていった人々が民衆の歌を歌うシーンです。

ここが一番泣けます。

亡くなったファンテーヌがジャン・ヴァルジャンを包み込み、「もう鎖につながれないところにいきましょう」と言う場面は、悲しさとやっとジャン・ヴァルジャンが自由になれるんだという安心感のようなものがあります。

やっと・・・やっと解放されるんですよ。鎖につながれた運命から解き放たれるんです。

この世では悲惨な出来事が多かったけど、あちらの世界ではファンテーヌと幸せになってほしい。

おつかれさまと言いたいですね。

そしてその後、ジャン・ヴァルジャンがファンテーヌに導かれた先には、戦い散っていった人々が歌を歌っています。

そこにはアンジョルラスやガブローシュ、エポニーヌなどの姿が。

とくにアンジョルラスやガブローシュは自由を求めて立派に戦い散っていきました。

ここで、手に入れたいと願っていた自由を謳歌してほしいですね

ラストシーンは、悲しいような、儚いような、なんとも一言ではいえない気持ちになります。

無料お試し登録はこちら

>>Amazonプライムビデオで今すぐ「レ・ミゼラブル」を見る

30日間の無料お試しあり!期間内に解約すれば料金はかかりません。

映画「レ・ミゼラブル」泣ける名シーンばかり

思い出しても泣けますね。

ただお涙頂戴系の映画ではなくて、誰かを守るために必死に生き抜く姿や、自分の信じるもののために戦う姿など、胸に迫るものが多い映画です。

無料お試し登録はこちら

>>Amazonプライムビデオで今すぐ「レ・ミゼラブル」を見る

30日間の無料お試しあり!期間内に解約すれば料金はかかりません。