【ついにマリーとルビーが真実と向き合う】「ウェントワース女子刑務所」シーズン7第6話の感想

ついに・・・ついにマリーとルビーが真実と向き合いました!

マリーに事実を知られることは時間の問題でしたが、ここにきてついにですね。

「ルビーが犯人」と書かれたメモがここにつながるとは。カズ事件関連のメモだと思われましたが、ルビーの過去に行き着くんですね・・・。

シーズン7めちゃくちゃ面白い!でも、ルビーとリタがとんでもなく危ない状況なので緊張感がすごいです。

ということで「ウェントワース女子刑務所」シーズン7第6話の感想です。

「ウェントワース女子刑務所」シーズン7第6話の感想

「ウェントワース女子刑務所」シーズン7第6話の感想をつづります。

マリーとルビーが向き合う

いつかはと思っていましたが、ここでですか。

ついにマリーにルビーの過去を明らかにするときがきました。

というか、リズが利用されて話すしかない状況になりましたからね・・・。リズも最近は利用されすぎている気がして不憫です。

リズは責められない。

で、ダニーの件を知ったマリーは、案の定ルビー殺害を企てるという。

ダニーのしたことを考えると、ルビーの行動は正義だと私は思います。

でも、マリーからしたら愛する息子。

「とんでもないことをしたのは息子だからルビーを許そう」とはならないんですよね・・・。

きっとマリーは何が何でもルビーを殺そうとするはず。

あああ・・・ルビーとリタはどうか生きていてほしい。

リタは命がけでルビーを守ると思うので、とくにリタの身が今から心配です。

マリーを止められるような人がいないのが厄介。

さらに追い詰められるジェイク!

シーズン7はジェイクが不憫すぎる〜。

過去に不祥事を働いたジェイクと新入りのショーン。職員の立場からすると、信じられるのはショーンなのかもしれませんね。

でもな〜、ジェイクは頑張ってるし、いい加減ヴェラはジェイクのこと認めてあげてほしい。

今の看守たちの状況を見ていると、ジェイクにしか共感・応援できない!

「ウェントワース女子刑務所」シーズン7第6話の感想まとめ

もう6話なので、ストーリー的には後半に差し掛かっているのでしょうか。

リタの恋人レイ殺害から始まり、カズが殺され、リタとルビーにまで危機が及ぼうとしている。

もうすでにメンタルがゴリゴリに削られているけれど、またさらに大きな事件がありそう。

もう誰も死なないでほしい、そう願わずにはいられません!あっ、マリーはちゃんと報いを受けてね・・・。

「ウェントワース女子刑務所」視聴方法

「ウェントワース女子刑務所」はHuluで配信中です!

無料トライアル期間2週間があるので、お気軽に視聴してみてください♪

トライアル期間中に解約すればお金はかからないため、0円で視聴できますよ。

 

無料お試し登録はこちら

 

Hulu公式サイトを見に行く